【2016ウィンブルドン】男子決勝の結果を速報!海外の反応も載せます!

f:id:marsea78:20160614132152j:plain

6月27日から2週間に渡ってイギリスで開催されている、テニス四大大会の最高峰とも言われるウィンブルドンで現地時間7月10日に男子の決勝戦が行われます。対戦カードは M.ラオニッチ選手VS A.マレー選手です。母国開催であるマレーは2回目のウィンブルドン制覇を狙い、ラオニッチは悲願のグランドスラム初制覇がかかった試合です。この試合をリアルタイムで速報していきます。

この試合の速報

第一セット 第7ゲームをブレイクし、6-4でA.マレーが制す!

第二セット 互いにノーブレークのままタイブレークまでもつれ込み、7-6(3)でA.マレーが制す!

第三セット 互いにノーブレークのままタイブレークまでもつれ込み、7-6(2)でA.マレーが制し、セットカウント3-0でマレーが優勝!

ラオニッチは要所要所でサーブ&ボレーを駆使し、あと一歩のところまで攻めましたが、マレーは一度もブレークされず、ことごとく跳ね返したという感じでした。

なお、詳しい試合内容は下記リンクをご参照ください。

  ↓       ↓       ↓

Live Updates - The Championships, Wimbledon 2016 - Official Site by IBM

二人のプロフィールや戦歴

それでは二人のプロフィールを見てみましょう。

まずはA.マレー選手です。

sportsnavi.ht.kyodo-d.jp

持ち前のラリーを武器に、今年は安定した成績を残しており、現在世界ランク2位につけています。

一方のM.ラオニッチ選手。

sportsnavi.ht.kyodo-d.jp

錦織選手と同世代であり、最大のライバルと目されています。

タイプとしてはビッグサーバーであり、サーブの時速は230km/hを超えることもあります。

なお、この二人は過去の対戦成績が6勝3敗でマレー選手に分があります。

ただ、今大会は芝コートでビッグサーバー有利ということもあり、正直全くわかりません。

今大会これまでの勝ち上がり

A.マレーは今大会順調に駒を進めています。

唯一苦労したのが準々決勝のJ.W.ツォンガ選手との試合です。

先に2セットを取り、楽勝ムードかと思いきやその後2セットツォンガ選手に取られました。

ただ、最後は地力の差を見せてフルセットの末、勝利しました。

なお、この試合以外はセットを取られていません。

一方のM.ラオニッチ。

3回戦までは全てストレートで駒を進めましたが、4回戦のD.ゴフィン戦と準決勝のR.フェデラー戦ではフルセットの末、勝利を収めています。

 

海外の反応

それでは、この試合に対する海外の反応を見てみましょう。

試合前は両者の応援ツイートが目立ちます。 

試合中は二人を讃えるようなツイートが多く見られましたね!

まとめ

今大会はA.マレーの強さが際立つ大会となりました。

次は全米オープンが待っています。

多くの激闘を期待したいですね!