【2016日本プロ】石川遼の国内復帰初戦は予選落ちに…米ツアーの復帰時期はいつ?

f:id:marsea78:20160617010116j:plain

【国内男子ゴルフ】北海道の北海道クラシックゴルフクラブにて7月7日から4日間行われる「日本プロゴルフ選手権大会 日清カップヌードル杯」でおよそ半年振りの試合になった石川遼選手。今大会は腰の怪我からの復帰戦で注目が集まりましたが、二日間を終わってトータル12オーバーと予選通過は叶いませんでした。その石川選手の気になる腰の状態や今後のスケジュールについて注目していきます。

 

ケガした時の状態

今回の試合は約半年振りの復帰となったわけですが、そもそも腰のケガは慢性的なものでした。

以前から腰が痛くなり、思うようにスイングできないこともあった石川選手。

だましだましやっていたのがとうとう本格的に悪化したということでした。

ケガの状態はもう少しひどくなっていたら椎間板ヘルニアになりかねなかったというから、よほどひどいところまで進行していたのでしょうね。 

ryo-ishikawa.jp

なお、石川選手は本人のオフィシャルサイトでケガについて言及しています。

今大会に臨むまでの石川遼

 今大会に復帰するまでに約半年の期間を費やした石川選手。

その間は日本ツアーの解説ラウンドリポートにゲストとして呼ばれながら、復帰のために練習をしていました。

その中で、アイアンはスイングしても痛くないのにドライバーだけ痛いということに気づいたそうです。

そのことについて、本人もこうコメントしています。

4月後半にはアイアンのフルショットは打てるようになっていたが、1Wだけは痛みがでる。「いつになったら復帰できるんだろうと思っていたけど、“いや待てよ”と思った」と石川はいう。「1Wだけ痛いということは、1Wだけスイングが違うな、と」*1

このことから、今までのような「マン振り」から、静かなスイングのニュータイプに変わるのではないかと思います。

 

米ツアーの復帰時期は?

さて、今大会以降のスケジュールですが、まだ未定との事です。

そして、気になるアメリカツアーの復帰時期ですが、石川選手は米ツアーの公傷制度を行使するとの事でした。 

headlines.yahoo.co.jp

このことから、今年の秋から始まる来シーズンの頭からの復帰が予想されます。

それまでは、日本で数試合出場するのではないでしょうか。

個人的には、日本オープンでのA.スコットとの共演が見てみたいですね!

まとめ

腰の痛みからまた一歩踏み出した石川選手。

あまり無理をせずに、自分のペースで完全復活出来るように準備をして欲しいです。

米ツアーでも活躍できることを祈って応援しています!