2016甲子園はドラフト候補の秀岳館の九鬼に注目!進路はプロか大学どっち!?

f:id:marsea78:20160621133804j:plain

日本の夏の風物詩とも言える甲子園。今年も甲子園への切符をかけて、各地で県大会が続々と開幕しています。全国から猛者達が集結するわけですが、その中でも気になるのが今年のドラフト候補の選手です。今回はその中から熊本県秀岳館高校を主将として牽引するキャッチャーの九鬼龍平選手をチームが甲子園に出場できるかどうかも併せてクローズアップします。

九鬼選手のプロフィール

まずは九鬼選手のプロフィールをチェックしていきましょう。

九鬼 隆平(秀岳館) | 選手名鑑 | 高校野球ドットコム

ポジションはキャッチャー。

彼は何と言っても強肩強打が特徴のスケール感ある選手です。

昨年の秋大会ではなんと4本ものホームランを放ちました。*1

守備でも強い地肩を生かして、チームに貢献しています。

高校のキャッチャーでこれだけの注目を集めるのは、大阪桐蔭にいた現西武の森友哉選手以来でしょうか。

秀岳館は甲子園に出れるのか

これまで紹介した九鬼選手を全国で観ようと思うのなら、秀岳館が甲子園に進出することが絶対条件になります。

熊本県強豪がひしめく地区。2年連続の甲子園出場を狙う九州学院スラッガーの竹村選手を擁する鎮西、伝統のある熊本工など強豪ぞろいです。

ちなみに、今大会のトーナメント表を載せておきます。

www.hb-nippon.com

この中で勝ち進むのは簡単なことではありませんが、是非ともその姿を全国放送で茶の間のファンに見せつけて欲しいですね!

今後の進路

夏の試合に負ければ即引退が待っている高校三年生。

その引退した後ですが引き続きトレーニングに励み、次のステップへの準備をすることでしょう。

まずは、プロ志望届を提出するかどうかで進路が大きく変わります。

もし、プロへの道を目指すとなるとドラフトが肝心になります。

九鬼選手を欲しいと思っているのは、あくまで推測ではありますが、捕手の層の薄いチームになるでしょう。

現状況で言えば、ヤクルト楽天が欲しいと思っているかもしれないですね。

また、志望届を出さない場合は大学への進学になるでしょう。

これほどの選手なので、早稲田や明治、亜細亜といった強豪校へ進学するはずです。

 

まとめ

紹介したように、九鬼選手は高校屈指の選手です。

もし甲子園に出場すれば更なる注目を浴びることになるでしょう。

ただ、彼にとっての高校野球は今年で最後。

周りがどう言おうと気にせずに、悔いのない最後の夏にしてもらいたいですね。