【速報!】エイシンヒカリ、プリンスオブウェールズSで無念の最下位。海外の反応や次走予定は?

f:id:marsea78:20160616003100j:plain

 イギリスのアスコット競馬場で数日に渡って開催されるロイヤルアスコット。その2日目のメイン競走として知られるプリンスオブウェールズステークス(開催日時:現地時間6月15日16:20~発走)に日本のエイシンヒカリが鞍上の武豊とともに出場しました。出走が6頭と少数頭で、ダントツの1番人気も後押しし海外G13連勝かと思いましたが、結果はまさかの最下位…。一体敗戦の原因は何だったのでしょうか。

プリンスオブウェールズSについて

 このレース、日本にはなかなか馴染みがないと思われますが、とても歴史のあるビッグレースなんです!

イギリス王室が開催するロイヤルアスコット開催2日目のメイン競走で同開催の中距離最強馬決定戦にあたる。

元々は1789年から行われていた「プリンスオブウェールズプレート」が前身であり、1862年に後のイギリス国王で当時皇太子(プリンス・オブ・ウェールズ)であったエドワード7世を記念しプリンスオブウェールズステークスとして創設された。

過去には2度の大戦で中断され、特に第二次世界大戦によって1940年に中止されてからは以後28年間も開催されなかったことがある。だが1968年チャールズが皇太子に叙されたことを記念して再開。1971年からは国際G2、2000年からは国際G1に指定され賞金も順次増額されロイヤルアスコット開催最高の賞金額を誇るようになった。2005年アスコット競馬場改修のためヨーク競馬場で施行(この年のみ、距離は10ハロン88ヤード)。*1

王室が開催するということから、どれだけの規模かわかりますよね!

ちなみに日本馬は昨年初めてスピルバーグが出場し、6位に終わっています。

エイシンヒカリのプロフィール

今や日本を代表すると言っても過言ではない程に成長したエイシンヒカリ

ざっとプロフィールを確認してみましょう。

db.netkeiba.com

海外G1は2勝していますが、意外にも国内開催ではまだG1タイトルを獲っていないんですね。

そして(10-0-0-2)という極端な成績にも目が行きます(⌒-⌒; )

また、直近で公表されたワールドホースレーティング129を記録し、あのジャスタウェイ以来の日本馬として首位に躍り出たのです。

レースを振り返って

レース前のオッズは

1番人気:A Shin Hikari(エイシンヒカリ) 1.67倍
2番人気:Found(ファウンド) 4.3倍
3番人気:The Grey Gatsby(ザグレーギャツビー) 10.0倍
4番人気:Western Hymn(ウエスタンヒム) 13.0倍
5番人気:Tryster(トリスター) 16.0倍
6番人気:My Dream Boat(マイドリームボート) 20.0倍
(bet365.com参照) 

また、出走順は以下のようになりました。

1-3.ザグレーギャツビー J.スペンサー
2-4.トリスター W.ビュイック
3-2.マイドリームボート A.カービー
4-1.エイシンヒカリ 武 豊
5-6.ファウンド R.ムーア
6-5..ウエスタンヒム L.デットーリ

そして、レーススタート!

www.youtube.com

レースは序盤からハナに立つも、終始かかり気味。

勝ち馬のタイムが2.11台でわかるように超不良馬場で、少数頭ということもあり徹底マークを受けてしまいました。

結果はシンガリ。やはりG1。簡単に勝たせてはくれませんでした…。

なお海外の反応は

といった感じです!

負けたことに残念がり、同時にこの馬を労った的なコメントが多かったです!

今後の予定は?

このまま夏は休養に入り、秋のシーズンを目指すことになるであろうエイシンヒカリ

選択肢としてはおそらくヨーロッパでの転戦か、昨年と同じ毎日王冠からの秋天皇賞になると思われます。

いずれにしても、今年上半期の競馬界で期待以上の頑張りを見せてくれたエイシンヒカリにはリフレッシュしてもらい、秋にまた元気な姿を見せて欲しいですね!

*1:Wikipediaより引用