大谷翔平、阪神戦で自己最速163km/hを連発!ストレートは簡単に当てられやすい!?

f:id:marsea78:20160613225605j:plain

6月12日に行われた日本ハムVS阪神戦で大谷翔平選手は5番ピッチャーで出場し、7回107球を投げ、3安打無失点8奪三振の好投を見せました。バッターとしては無安打でしたがますます二刀流が板についてきたように感じます。しかし何と言っても注目はストレートの球速です!このゲームで自己最速の163km/hを5回も記録した驚異的な大谷投手。今回はこの大谷投手にスポットを当てたいと思います。

大谷投手のピッチングハイライト

まずはこの動画をご覧ください!これを見れば説明は不要かと思います😅

tv.pacificleague.jp

 

何というか、もう笑うしかないって感じですよね(⌒-⌒; )

僕も一回でいいから160km/hを投げてみたいもんです笑

これまで160km/hを超えた投手は?

ここで、今までの歴史の中で最速160km/h(100マイル)を超えた事のあるピッチャーはどのくらいいるんだろう?と気になったので調べてみました!

皆さんも是非参考にしてみてください!

 

大谷翔平を超える!!世界の現役最速投手TOP5 - NAVER まとめ

世界最速ピッチャーは?日本と世界の球速ランキング!! | R's ジャーナル

 

こうやって見てみると、バーランダーやライアンなど名だたる選手ばかりです。

その中に日本人である大谷投手がいる事は同じ日本人として誇らしいですね!(おこがましいかな?笑)

大谷投手のストレートは160km/h超なのに当てられやすい?

ただ、そんな大谷投手にも課題と呼ばれている事があります。

それは…

160km/hを超えたストレートのはずなのに、バットに当てられやすい

ということです。

これは、実際に出ているスピードよりも体感として遅く感じる為ではないかと言われています。

その逆例としては、今も阪神で現役ピッチャーである藤川球児選手が挙げられます。

約10年前に阪神でクローザーとして活躍していた頃は、ほぼストレートだけで三振の山を築いていました。

球速は速いとはいえ150km/h前後と、今の大谷投手より10km/h程遅いのにです。

それは球の回転が非常に良い為、ストレートにノビがあり、バッターがボールの下を空振りしていたからなのです!

ボールの回転が良くなり、ノビが出てくれば今よりも更に打たれないピッチャーになれるでしょう。

まとめ

今まで、大谷翔平選手について書いていきましたが、驚くことに彼はまだ21歳です!

(僕の21の時は遊びに打ち込んでたなぁ…←)

今後のトレーニングや経験により、史上最強のピッチャーになれる可能性を大いに秘めているのです。

是非、彼の将来を楽しみにしながら成長を見守りましょう( ´ ▽ ` )ノ